学生が楽天銀行スーパーローンでお金を借りることはできますか?

楽天銀行スーパーローンはネット銀行である楽天銀行が運営するカードローンですので、消費者金融業者に比べると利用できる人の層が幅広いという特徴があります。たとえば学生であっても、楽天スーパーローンは融資対象となっていますがそのためにはアルバイトなどで安定した収入があるということが必要です。

しかし現在銀行からの無担保融資は金融庁からの指摘を受け厳しい状況になっています。それは、

 

消費者金融等の貸金業者が総量規制で融資規制を受けているのに対して、銀行カードローンが制限を受けず、貸し過ぎの傾向があると金融庁に睨まれたからです。


特に楽天銀行をはじめとするネットバンクは貸金業者のように自由に貸し出しているのでチェックが厳しくなってくると思われます。ですので、

 

今後学生をはじめとする収入の少ない方への楽天スーパーローンなどの銀行カードローンは審査は厳しくなります。更には銀行カードローン全てにおいて即日融資が不可能になり、最低でも審査期間に二日間を要するようになってしまいましたので、スピード感もありません。


ですので、学生の方でアルバイトで安定収入がある方は、楽天スーパーローンでは審査が厳しいので、

 

学生でも20歳以上でアルバイトで安定収入がある方なら申込可能なカードローン業者に申し込むのがベストです。


学生でも20歳以上でアルバイトで安定収入があれば申込可能なカードローン

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率:年4.5%~17.8% 借入限度額:最高500万円

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率:年3.0%~18.0% 借入限度額:最高800万円

学生も知っておこう!総量規制について

学生でも気になるのが総量規制という法律です。総量規制とは、消費者金融などからお金を借りる場合に関係してくる法律であり、年収の3分の1を超えてお金を借りることはできないと規定されています。

楽天スーパーローンの場合は楽天銀行が展開するカードローンですので、

 

総量規制の制約を受けないカードローン


となっており、いわば年収の制限なしに融資を受けることができます。そういうことであれば学生であっても安定した収入がなくともお金を借りることができるのではないかと思われるかもしれません。

実は総量規制の制約を受けないのは「収入を得ている人とその配偶者」のみとなっており、配偶者ではない扶養家族の場合は本人に収入がない場合は銀行からであってもお金を借りることはできません。つまり、楽天スーパーローンでは学生が融資を受けるためには楽天スーパーローンではパート・アルバイトなどで安定した収入が必要というわけですね。

更にこの銀行カードローンは総量規制対象外というのが災いして、銀行カードローンの貸し過ぎを助長し、

 

  • 即日融資が不可能になった。
  • 審査基準があがり、20歳以上の学生を含むパート・アルバイトの審査が厳しくなった。
  • 専業主婦の申し込みができなくなった。

というデメリットが増えて銀行カードローンである楽天銀行カードローンのメリットもほぼなくなってしまったのです。専業主婦とはそもそも立場が違うということなので、学生がお金を借りるためにはやはりある程度の収入を得ていることが条件となります。

もっとも、同じ学生がお金を借りるなら楽天スーパーローンよりも消費者金融がおすすめであることはまぎれもない事実です。楽天スーパーローンは業界でも屈指の低金利で利用できるうえ、ネット銀行の中でも代表格の楽天銀行が運営するカードローンですからその利便性の高さは学生が利用するうえで申し分ない性能を備えています。

なお、楽天スーパーローンでは利用限度額の高さも魅力のひとつではありますが、学生が融資を受ける場合には無理なく返済できる範囲でお金を借りるようにとどめておきましょう。

また楽天スーパーローンは自動契約機を持ち合わせていないので、急ぎの場合は振込融資しか無理ですが、それでも申込日当日には審査は完了しない為、融資を受ける事はできません。

学生でも楽天銀行スーパーローンのバイト先への在籍確認の電話は必須!

楽天銀行のカードローン『楽天銀行スーパーローン』でも在籍会社への電話での在籍確認は必須となっています。とはいってもオペレーターの個人名で掛かってくるので会社にばれるとかそういう心配はしなくても大丈夫です。

しかし、それでも掛けてきて欲しくない事情があったり、会社の電話近くにいる職種なら隣で聞かれてたりしないか心配になったりして嫌な場合も多々あるのが現実です。

楽天銀行スーパーローンは無担保のフリーローンなので他のカードローンも同様に担保なしで貸す訳ですから、返済の源泉となる給与の支払会社への在籍確認は避けては通れません

バイト先への在籍確認の電話を避けたい時の対処法

前述のとおりカードローンでは在籍会社への電話での在籍確認は必須ですが、プロミスならバイト先への電話とは別の方法で確認を取ってもらう相談が可能です。

 

申込後に掛かってくる電話でオペレーターにバイト先への電話は困ることを伝えればオッケー。あとはオペレーターが別の方法を案内してくれます。


バイト先への確認の電話を別の方法で確認する相談もできるプロミス

プロミス 【最短1時間融資】SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年率:年4.5%~17.8% 借入限度額:最高500万円

担当者個人名で掛けてくるのが気にならないのなら楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンからの在籍確認の電話が担当者名で掛けてくるのが気にならないようであれば楽天銀行スーパーローンを選ぶのもいいでしょう。

プロミスも初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)などがあり低金利ですから短いスパンで完済できるのならプロミスもお得になります。

しかし、長期で返済予定なら少しでも金利が低い方がいいですよね。提携ATM手数料が無料と言うのも楽天銀行スーパーローンのメリットなのでその辺も考慮してどちらか選べばいいのです。

利用限度額 借入利率

800万円

1.9%~4.5%

600万円以上800万円未満

3.0%~7.8%

500万円以上600万円未満

4.5%~7.8%

350万円以上500万円未満

4.9%~8.9%

300万円以上350万円未満

4.9%~12.5%

200万円以上300万円未満

6.9%~14.5%

100万円以上200万円未満

9.6%~14.5%

100万円未満

14.5%

楽天スーパーローンやその他のカードローンにバイト先への在籍確認の電話はあるのか?

楽天銀行は、数あるネット銀行の中でも代表的な銀行のひとつです。もともとはイーバンク銀行を楽天が買収したことで生まれたという経緯を持っており、それだけにネット銀行として培ってきたノウハウをもっていることから、多くの利用者が存在します。

楽天銀行の特徴は、とにかくシンプルでわかりやすいという点にあります。残高照会も振込もすべてネット上の専用ホームページにログインしてから行うのが基本ですが、取引に必要なボタンなども目立つようにデザインされており、直感的に何をどうすれば良いのかがわかります。

 

それでいて、二重三重のパスワード設定など、セキュリティにおける対策も万全の状態となっているのが、多くの利用者を抱える要因のひとつとなっているのかもしれません。


またアコムは専業主婦では借りれないような現状も、銀行カードローンがその受け皿となり専業主婦専用のカードローンという時代もあったのですが、

 

現在では銀行カードローンも専業主婦の申し込みはできなくなってしまいました。


そんな楽天銀行ですが、通常の預貯金に加えて投資信託など様々な金融商品を展開していることでも知られています。これらの楽天銀行の金融商品のひとつに、楽天銀行カードローンというものがあります。

楽天銀行スーパーローンは、最高で800万円まで借入を受けることができるカードローンで、金利についても年1.9%~14.5%という利率が設定されています。ネット銀行だけあって、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどネットに接続できる環境があれば24時間利用できるというのも楽天銀行スーパーローンの特徴のひとつといえるでしょう。

さて、この楽天銀行スーパーローンですが、当然ながら利用するにあたって審査を受ける必要があります。その審査の段階で気になるのが、勤務先への在籍確認です。

これについては、できれば確認してほしくないと考える人もいますが、基本的には確認されると考えておいたほうが良いでしょう。もちろん、勤務先に「楽天銀行ですが」とは直接名乗ったりすることもなく、個人名で在籍しているかどうかを確認するだけですので、それほど気になることもありません。

どうしても「融資」というものが関係してきますので、在籍確認をしないわけにはいかないのが現状です。

学生が楽天銀行スーパーローンを利用する際に参照するサイト:全国銀行協会アイフル学生モビットは学生申込可能?

学生で楽天銀行カードローンを利用した体験談

初めてのキャッシングは楽天銀行でと決めていた

 

今年の三回生の夏、大学生ですが初めてキャッシングを利用しました。それまではギリギリのラインであっても何とか生活費を回していたのですが、冷蔵庫に次いで洗濯機まで一度に買い替えを余儀なくされてしまったからです。

夏のうだるような暑さの中で冷蔵庫が壊れているのは致命的ですし、部活動で毎日汗びっしょりになった衣類を持ち帰って再度着る為には洗濯機がないと生活していけません。コインランドリーを利用することも考えましたが、多い時は一日2回も洗濯機を回す学生には不経済です。

そして極めつけは、エアコンの故障です。修理をするよりも新たに購入した方が、電気代を抑えることができる上に安くあがるということでこちらも買い替えを余儀なくされたのです。こんなにも大きな出費が重なってしまうと、さすがに夏の長期バイトの臨時収入だけでは対応できなくなりキャッシングを利用したのです。ちょうど夏の長期バイト代を定期に預けてしまった直後だったということもあります。

初めてのキャッシングは楽天銀行カードローンに申込み利用しました。楽天銀行のキャッシングは金利も低くて、返しやすいのが利点です。もちろん楽天銀行という知名度の高いネットバンクがやっているという安心感もあります。


ほぼ費用0円でカードローンで引越し

 

以前、引越費用を全く掛けずに引っ越しを行ったので、その体験談を書いていきます。私は1DK、6畳程度のワンルームマンション独り暮らししていましたが、同じく別のワンルームマンションに引っ越す事になりました。

ただ引越し費用をどうしても掛けたくなかったため、個人の車で引越しを実施。消費者金融は学生も利用は可能と聞いていましたが利息が馬鹿らしいと思っていたこともあり面倒でしたが自家用車で実行したわけです。利用したのは5ナンバーサイズのミニバンです。

引越し前の部屋には、ベッド、洗濯機、テレビ、冷蔵庫など一通りの家具はありましたが、車のシートをフルフラットにする事でどの家具も積む事は出来ました。引越し元と引越し先への往復回数は4回。一回目はベット、2回目は洗濯機&冷蔵庫、3回目はテレビや衣服など、4回目はその他残りの小物といった感じの運搬内容です。

ベットなどの積み込みがどうしても一人では厳しかったため、友人を一人助っ人として呼び計2人で作業しました。掛かった費用はガソリン代と友人へお礼の食事をご馳走した程度なのでこれは楽天銀行カードローンで補いました。体力に余り自信のない私でも出来たのでミニバンクラスの車がある方は自力で引越しをしてみるのも一つの手かもしれません。