無担保ローンとクレジットのリボ払い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リボ払いの仕組みを理解する

私のクレジットカードの利用限度額は100万。当初クレジットは一括払いのみの利用でしたが、ちょっと高い買い物が連続してしまうとき、支払が楽になるのではとリボ払いにしたことがあり、その楽さに負け立て続けにリボ払いを選択してしまったことがあります。

 

リボ払いはただ支払いを分割できる、普通の分割払いと大して利息も変わらないだろうと安易な考えをしていました。結局支払はふくらみよくよく調べてみるとリボ払いの利子がキャッシングなみに高いこと、膨れ上がればあがるほど支払額も増え利息もどんどん高くなる。


しまいには元金を払っても利息が高くてせっかくセールで買ったものもいったい総額いくら支払っているんだかという考えれば考えるほど恐ろしくなりました。大丈夫だろうという変な自信がついてしまって気が付けば50万以上支払いがたまっていた事ありました。

そこから利息分含め月々の返済がとにかくつらかったです。無担保ローンよりも便利に思いがちですが、まるで自分の貯金を使って買い物をしているような錯覚も覚えますからリボにする際はよく考えて選択することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。