楽天銀行カードローンを利用する場合の在籍確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天銀行カードローンはネット銀行のカードローン

楽天銀行はネット銀行の中でも代表的なもののひとつであり、ネット銀行ならではの利便性の高さから多くの人が利用しています。

そんな楽天銀行のカードローンは低金利かつスピーディーな審査で高い人気がありますが運転資金の借り入れ等の事業資金は借りれません。

ネット銀行ではありますが銀行であることに変わりはありませんので、消費者金融などで融資を受ける場合と異なり総量規制の制約を受けることもなく、そのうえ最大で500万円まで借りることができます。

このように、数あるカードローンの中でもかなり優秀な商品構成となっていますが、それでもやはり審査においては在籍確認が行われます。

楽天銀行の行う在籍確認の方法は、他のカードローン業者と同様に勤務先に直接電話連絡をすることによって行われます。

もちろん楽天銀行とは名乗らずに個人名で電話がかかってきますので、その場でカードローンを利用しているかどうかについてはわからないように配慮されています。

とはいえ、普段から電話がかかってくる部署であればともかく、ほとんど電話がかかってこない部署に勤めている人の場合は、いくら個人名で電話がかかってきたとしても不自然さは否定できません。

また、電話に出た人によってはその内容からカードローンを利用しているのではないかと勘ぐられてしまう可能性もあります。

楽天銀行カードローンよりも在籍確認ではプロミスが一歩リード

そう考えた場合、在籍確認という点ではプロミスが一歩リードしているかもしれませんがゆうちょ銀行のカードローンよりはいいでしょう。

プロミスでも在籍確認として電話連絡はもちろん行われますが、社名が確認できる書類を提出することで在籍確認に代えることができる場合があり、もちろんその場合には勤務先への電話連絡はありません。

電話がかかってこなければ、当然カードローンを利用していることがばれる可能性は非常に低くなりますので、もしも電話連絡を省略したいということであればプロミスに相談してみても良いでしょう。

在籍確認は申し込んできた人の返済能力を調べるうえで重要な審査項目となりますが、その方法については各業者ごとに異なるということですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。